ホーム > 高速化 > 「about:config」でローカルメモリキャッシュを増加

「about:config」でローカルメモリキャッシュを増加

2GB以上のメモリを搭載し、常にFirefoxを実行していて特定のサイトでの作業が多いという場合、このキャッシュサイズを引き上げることで性能の改善が期待できる

<設定方法>
1.アドレスバーに「about:config」と入力

2.下のような画面が出るが、迷わず「細心の注意を払って使用する」をクリック
abc

3.右クリックから整数として新規作成し、下の名前と値を入力する。
 「browser.cache.memory.capacity」を整数として作成して「32768」を設定
abc-2

4.この設定はFirefoxを再起動したあとで有効になる。

※設定を変更することで逆に候補表示機能の利便性を下げたり、UIの動作がピーキーになって使いにくくなったと感じたり、メモリの消費量が増えることでスワップアウトが発生し逆にシステム全体が重くなったり、動作が不安定になったり、ほかのユーザに影響をもたらす可能性もあるので、もしそのような状況になったら設定を戻してもらいたい




ホーム > 高速化 > 「about:config」でローカルメモリキャッシュを増加


タグクラウド
おすすめアイテム
FEED & META